誠愛知県瀬戸市の誠美社工業株式会は環境リサイクル社会に貢献すべく、自社処理施設を整えています。

処理施設

自社リサイクルセンター

自社リサイクルプラントを保有し、積極的なリサイクル処理活動を。

誠美社工業では自社でリサイクルのための処理施設を保有しております。
それにより、より幅広い再資源化・再製品化といった資源の有効活用を実現しております。さらに、より環境に優しくより効率的な処理を目指して、日々取り組んでおります。

主要施設

木くず破砕

木くず破砕

処理能力:104t/日
ハンマーを用いて40mmアンダーになるまで破砕します。製品はパルプ原料やボイラー燃料になります。

がれき類破砕

がれき類破砕

処理能力:88t/日
がれき類のうちコンがら・アスがらを破砕します。木くずの破砕機と併せ、建設リサイクル法の特定3品目は当社で再資源化が可能となります。

廃プラスチック類破砕

廃プラスチック類破砕

処理能力:32t/日
廃プラスチックを燃料として利用するため、また最終処分の埋立基準(15cm以下)にするために破砕を行います。3軸の破砕機で破砕された廃プラは燃料としてリサイクルされる他、最終処分で埋立処理されます。

廃プラスチック類圧縮

廃プラスチック類圧縮

処理能力:16.8t/日
破砕された廃プラ及びフレコンバッグを番線で締め圧縮します。バラの状態と比べ、1/3~1/5の容量となり運搬時におけるCO2削減の効果もあります。

選別施設(トロンメル選別)

選別施設(トロンメル選別)

処理能力:264m3/日(品野工場)・168m3/日(暁工場)
粗選別を終えた産廃を筒状のふるいで土砂等を落としベルトコンベアのラインで品目ごとに手選別します。選別されたものはリサイクルされ、一部リサイクルに不適なものは焼却や埋立処分されます。また、ふるいから落ちた土砂系(網下廃棄物)は吸選機で再選別されます。

選別施設(吸選機)

選別施設(吸選機)

処理能力:50.4m3/日
トロンメル選別で発生した網下廃棄物は管理型混合廃棄物と定義されます。吸選機はこの管理型混合廃棄物をさらに細かく磁選機・ベルトコンベアを用いて安定型・焼却物・金属くず・管理型混合に再選別します。

処理工程

搬入から出荷まで

搬入から出荷まで